yuryandd

遊佐一弥、ユーリアンドデザインの日々。

2009年12月アーカイブ

+DESIGNING:the Analog Craft Council #6

連載も第6回となったthe Analog Craft Council「+DESIGNING vol19」
連載化前も含めると、記念すべき10回目の企画です。
見本誌が届いたので、もう店頭にも並んでいるころだと思います。


今回はステーショナリーの中でも穴開けパンチに目をつけてみました。

普段は白い書類に穴をあけるのに使うことが多いこのツールですが、カラフルな用紙にパンチしてみたら、デザインツールのひとつとして使えるのでは?
という企画です。
経堂の文房具屋さんで買ってあった東欧のラッピングペーパーを使って文様をつくってみたら、なぜだか和風の絵柄になってしまったのですが、これはこれで使い道もあるかな、と思っています。
+designing 19

もうひとつは、林のイラストに白い雪を降らせたもの。
雑誌のトビラ用にポラで撮ったものなので、細かい質感まではこれではわかりませんが、パンチされた紙の質感で雪が降る感じを表現しています。

analog_v19tobira

誌面の都合でアイデアの一部しかご紹介できていませんが、いろいろな紙を穴開けてみると意外でおもしろいデザインがつくれるツールです。

ところで、穴開けパンチの名称って、他に何かあるのでしょうか・・・
「穴開けパンチ」ってそのまますぎる気がしていて、気になります。

:: :::: ::: +DESIGNING.jp ::: ::::: :::

「ユサくんと心のウSAちゃん」白井さん作

メールをもらって、返信をしたつもりの時があります。

それを「心のメール」と呼んでいるのですが、そんなぼくの(ずぼらな)性格を白井ゆみ枝さんがマンガにしてくれました。

ユサくんと心のウSAちゃん

いやいや、まったく優しいユーモアです。
他に制作に必要なイラストと一緒に送ってくれたのですが、クリスマスに素敵なプレゼントとなりました。

(これからはメールの返信は、ちゃんと自分でしましょう。)

美時倶楽部

bitoki_webtopファンケルのサプリメント「美時」のプロモーションwebサイト「美時倶楽部」が公開され、TBSラジオでの連動した番組の放送後記、イベント募集やモニター体験者の声などが定期的に更新されています。

https://www.bitoki.jp/

「渋谷」文春文庫版

「渋谷」藤原新也著

文庫版が発売されます。
この表紙デザインのお手伝いをさせていただきまして、本日入稿が完了したところです。
発売が楽しみなところですが、さらに。

この「渋谷」が映画化されて、2010年1月ロードショーが決定しています。
上映は渋谷ユーロスペースです。

ぜひチェックを。
http://shibuya-movie.under.jp/