yuryandd

遊佐一弥、ユーリアンドデザインの日々。

works

オンラインショップ構築 輸入雑貨店nicoとハルカゼ舎

とてもひさしぶりの更新ですが、今回はデザインでの関わりではなく、オンラインショップの構築のこと。
湯島の輸入雑貨店nicoと経堂の文具店ハルカゼ舎のサイトリニューアルのお手伝いをしました。

+DESIGNING vol.28インタビュー

すでに発売から時間が経ってしまいましたが、+DISIGNING vol.28でインタビューと連載記事のまとめをしていただいたご報告です。
+designing 28
特集テーマが「アナログ感覚で彩りを加える+αデザイン術」ということで、連載のテーマとも重なり、取材していただきました。
アナログ素材コレクションや連載のまとめ再録もされています。
大学を卒業してからデザイナーになる経緯からはじまり、デザインをするときの感覚、現在のギャラリー運営との共存具合など、とりとめもなくあれこれお話しています。

表紙では以前の連載でつかったロープや文字の形をしたブリキなどを素材にして撮影していただきました。
作品紹介のページではデザイナーとして発注をうけた仕事だけでなく、ギャラリーの中で生まれたものも紹介しています。
展示をお知らせするDMやショップカードなど、デザインとは切っても切れない縁なのです。
デザイナー業だけでなくギャラリーという場所のこと、東欧買付けなど、デザインの世界からはずれた話しもたくさんしてしまいましたが、いろんなデザイナーがいるんだな、というように楽しんで読んでもらえたらうれしく思います。
連載「Analogue Craft Council」では紙の折りしわや端の折れなどの表情を活かす、として古い紙のおもしろさを取り上げています。

書店でみかけたらぜひ手にとってみてください。

http://www.plus-designing.jp/

ヤン・シュヴァンクマイエル「サヴァイヴィング ライフ」webサイト

ニュースの更新がすっかり滞ってしまっていました。
ひさびさになりますが、制作サイトのご紹介です。

チェコの巨匠ヤン・シュヴァンクマイエルの新作映画「サヴァイヴィング ライフ」webサイトがスタートします。
http://survivinglife.jp/
今現在はティーザーの状態ですが、サイトが立ち上がり次第、順次情報など公開していけると思います。
今後、作品公開までお楽しみにお待ちください。

「気戸」オープンしました。

グラフィックデザイナー阿部美樹子さんのサイト「気戸」制作が完了しました。

http://kico-1091.com/

おおまかなデザインは阿部さん自身がおこない、基本構築部分をユーリが担当し、情報の更新は阿部さん自身が行なえるようにしています。

シンプル、かつ味のあるサイトになっています。

+DESIGNING:the Analog Craft Council #8

pd21.jpg

今回の+DESIGNINGでの連載は「廃材スタンプ」でデザイン、で展開しています。

ワインのコルクやテープの使い終わった芯を使ってグラフィック制作しています。
スタンプのアナログ感+photoshopのレイヤー機能で乗算やスクリーンモードを使って絵作りをしています。

ぜひ、お手に取ってみてください。

美は乱調にあり

瀬戸内寂聴さんの著書「美は乱調にあり」(角川学芸出版)新装版です。
藤原新也さんが題字の書とアートディレクションをされ、そのデザインのお手伝いをさせていただきました。

美は乱調にあり

瀬戸内さん、藤原さんのようなおふたりの様をみていると、時代は移り変わり、舞台となった激動の大正時代から、混沌の平成の世になっても芯を通して生きるということに変わりはない、ということを感じます。


帯に使用した金が祝辞となって、米寿となる5月15日にお手元に届けられたとのことで、藤原さんからの誕生日プレゼントに微笑まれた姿を想像すると、こちらまで幸せになるようです。

ヒトノユメ 高橋久美子×白井ゆみ枝

今年7月からチャットモンチーのドラム"くみこん"久美子ちゃんの詩と画家白井ゆみ枝さんの絵による作品展が開催されます。


高橋久美子 × 白井ゆみ枝 =<ヒトノユメ>


白井さんとはかれこれ付き合いで、先日も共通の友人の結婚祝いに写真集を制作したりと、濃い付き合いをさせてもらってます。
久美子ちゃんとは今回「はじめまして」とは思えない不思議な感じで、白井さんからはdビュー曲のPVセット制作の話しを聞いていたり、僕のほうではチャットモンチーのPV制作を手伝っていたり、新作のモバイル待受けflashを制作していたりとデビューの頃からなんだかんだと気になる存在ではあったのです。

そんなふたりがIID世田谷ものづくり学校で展示をやるというのだから、参加しないでいられるわけがない!
という訳で、今回はオフィシャルサイトを制作しました。
message.jpg
www.hitonoyume.com

展示は初夏の頃ですが、制作日記と題してふたりがブログを書いてくれるそうですので、覗いてみてください。

+DESIGNING:the Analog Craft Council #6

連載も第6回となったthe Analog Craft Council「+DESIGNING vol19」
連載化前も含めると、記念すべき10回目の企画です。
見本誌が届いたので、もう店頭にも並んでいるころだと思います。


今回はステーショナリーの中でも穴開けパンチに目をつけてみました。

普段は白い書類に穴をあけるのに使うことが多いこのツールですが、カラフルな用紙にパンチしてみたら、デザインツールのひとつとして使えるのでは?
という企画です。
経堂の文房具屋さんで買ってあった東欧のラッピングペーパーを使って文様をつくってみたら、なぜだか和風の絵柄になってしまったのですが、これはこれで使い道もあるかな、と思っています。
+designing 19

もうひとつは、林のイラストに白い雪を降らせたもの。
雑誌のトビラ用にポラで撮ったものなので、細かい質感まではこれではわかりませんが、パンチされた紙の質感で雪が降る感じを表現しています。

analog_v19tobira

誌面の都合でアイデアの一部しかご紹介できていませんが、いろいろな紙を穴開けてみると意外でおもしろいデザインがつくれるツールです。

ところで、穴開けパンチの名称って、他に何かあるのでしょうか・・・
「穴開けパンチ」ってそのまますぎる気がしていて、気になります。

:: :::: ::: +DESIGNING.jp ::: ::::: :::

美時倶楽部

bitoki_webtopファンケルのサプリメント「美時」のプロモーションwebサイト「美時倶楽部」が公開され、TBSラジオでの連動した番組の放送後記、イベント募集やモニター体験者の声などが定期的に更新されています。

https://www.bitoki.jp/

ポンキッキの仲間たちがたちあがる。

成田空港と東京を結ぶ新しい鉄道が生まれるにあたってポンキッキの仲間たちがたちあがります。

「スーパーキッズ王国」という名のわくわくイベントです。


ユーリでは、今回ロゴ提案から始まり、ポスター、チラシなどの宣伝物、webサイト制作を行ないました。
たくさんのパートナーや協力してくれたひとたちのおかげで、webサイトも立ち上がり、ポスター第一弾も刷り上がりました。


これからイベント開催までも更新が続くと思いますので、まだまだ終わってはいません。
もちろん、お近くの方はイベントにも遊びに行ってみてくださいね。

スーパーキッズ王国
in東京⇔成田SKYGATEシティ
with Beポンキッキ
2009.11.7-8

ユーリアンドデザイン

 
  • 156-0052
  •  
  • 世田谷区経堂2-31-20
  •  
  • tel 03-5799-4336
  •  
  •  
  • http://yuryandd.com